ケミカル先生トムが『髪の毛の知識を教えます』

 富里市 美容室 シーブルー 笹森  です!

みなさんこんにちは!!

インディゴブルーのケミカル先生こと笹森斗夢(トム)がお送りする


 

『髪の毛の知識を教えます』

今回のテーマは

『サロンカラーとホームカラーの違い』

知っている人もいるかと思いますが、カラーをする時、2つの薬を混ぜて作るのですが、この薬にそれぞれ違いがあります。

色みのある薬と、その色を髪に入れる薬。これを1剤と2剤と呼びます。

1剤は言葉の通り、色を決める薬

2剤はその色を髪に入れてあげる薬です。

大きな違いは2剤にあります。

主成分の過酸化水素、これの濃度です。インディゴブルーでは1.5%〜6%で対応させてもらっています。

これで、色の入れ具合、明るさの調節、さらに、傷みの軽減とメリットが多いです。

ホームカラーの場合は、1種類でとても強いものなので、明るくなりすぎたり

色が入らなかったり、ムラになりやすいです…。

〜カラー後のケアの仕方〜

カラーのダメージをケアするのは、トリートメントですが、ダメージの原因

になるもの(髪の中に残っている余分なカラー剤)を落としてくれるのは

シャンプーです。ダメージケア系のシャンプーは洗浄力を抑え、

色味は残してダメージの原因は除去してくれます。

トリートメントは、やさしく、ふわふわ揉み込んで栄養がでていかないように

してみてください。

『秋冬のオススメカラー』

「型にはまらない色」というテーマで紫から青系の色相はいかがですか?

青系の洋服には、アッシュ系、ブラックのカラー

紫系の洋服には、ピンク系、ブラックのカラー

ちょっと光沢感のある色も今期のA/Wの流行です。

メッシュと合わせて、オシャレ度UPしていきましょう。

『スタイルチェンジをしたい!』
そう感じた瞬間にいらして頂きたいからこそ、
シーブルーは予約なしでご案内しています^_^

只今の混雑状況のご確認はこちらから
0476-91-6696